Q
光触媒ってなに?
A

光が照射されることにより化学反応を促進する物質のことです。

触媒自身は変化することがないので,適切に施工されるなら半永久的な効果を発揮します。光触媒アークフラッシュの主成分である二酸化チタンが持つ、人体に有害な有機物を低分子に分解する働きにより、抗菌、抗ウイルス、消臭、防汚、大気浄化の効果をもたらします。
Q
アークフラッシュのどこが良いの?
A

二酸化チタンを特別な方法で壁面などへ添着できる技術を研究し開発された光触媒塗料です。

この塗料を特殊なスプレーガンで塗布する事により、塗料の表面に二酸化チタンを露出させた状態で硬化させ、触媒が最も効果を発揮する状態を維持します。

二酸化チタンを物に付着させる技術が難しいと言われています。散布後、時間の経過とともに剥がれ落ちてしまっては意味がありません。また、触媒が塗料の中に潜ってしまっても、空気中の有機物と反応できません。アークフラッシュは独自に開発された専用エアーガンと、トレーニングを受けた施工者の技術により上記の問題を解決します。

大阪府立大学放射線研究センターによるHCHO(ホルムアルデヒド)分解性能比較 

Q
どこで使われているの?
A

ウイルス感染が気になる病院内、消防・救急車輌内、送迎車輌、バスやタクシーといった公共の車輌内でご活用いただいております。
弊社施工事例はこちらをご覧ください。

アークフラッシュは紫外線にしか反応しない他の製品とは異なり、トイレや浴室など、直接太陽光が入らない場所でも可視光に反応して効力を発揮します。喫煙室やカラオケBOXなど、臭いがこもりやすい場所の対策にもお役立ていただけます。

光触媒アークフラッシュの性能についてさらに詳しくお知りになりたい方は、どうぞ弊社までお問合せください!